この投稿をシェアする:

日本聖書協会主催の第3回聖書動画コンテストにて、本校教員が最優秀賞、本校生徒(クリエイティ部)が奨励賞を受賞しました。

聖書はいつまでも変わりませんが、聖書を伝える方法は時代とともに変わります。日本聖書協会の新しい伝道の試みとして、動画(特にYouTube)を通じた聖書の発信に取り組んでいるそうです。

今年で第3回目を迎える「聖書動画コンテスト」は、動画伝道の中核となるコンテンツ制作を担うものです。受賞作品はYouTubeで配信され、多くの人に福音を届ける媒体となります。

 

本校の受賞作品は以下の通りです。

<最優秀賞>

タイトル:『クリスチャンに質問してみました。』

制作者のコメント:

6人の日本人クリスチャンをインタビューしてみました。イエス様と出会った彼らは、どういう風に変わったでしょうか。そして、まだイエス様を知らない人々にどういうメッセージを伝えたいのでしょうか。彼らの声に耳を傾けてみましょう。

 

<奨励賞>

タイトル:『自画像』

制作者のコメント:

現実の壁、人の評価、心配事、自己憐憫などで歪んでしまったわたしたちの本当のアイデンティティを取り戻したい! そういう心で作りました。

 

本校受賞作品は以上になります。

動画を通じて、聖書の福音が多くの人に届けられるようお祈りします。

 


PS. 授賞式の様子です。

 

この投稿をシェアする: