この投稿をシェアする:

年が明けて2019年1月23日、社会科の校外学習として国会議事堂と国立国会図書館の見学に行きました。

社会見学の様子を写真でお伝えします。

出発〜国会議事堂前の公園(国会前庭)にて

学校を出発!

真冬の1月ですが、この日はぽかぽかの陽気。

みんな張り切って出かけました。

到着!!(早い・・・)

場面は変わって、いきなり国会議事堂前の公園です^^

学校からは1時間弱の近さ。

 

到着早々、真剣に社会科の先生の解説を聴く生徒たち。

「国会前庭」と呼ばれるこの公園も、実は大事な見学場所なのです。

ここには何があるかと言うと・・・

こちら。時計塔です。

ただの時計塔ではなくて、三権分立を象徴しているんだそうです。

「三権分立」とは、立法(国会)・行政(内閣)・司法(裁判所)の三つの権力が互いに抑制し合い、権力の濫用が起こらないようにする国家の仕組み。

(生徒のみなさん、勉強済みですね?)

 

インターネットで調べてみると、時計塔の柱は三つの面からできており、それぞれの面が、国会議事堂、官庁の集まる霞ヶ関、最高裁判所の方を向いているのだとか。

国会前庭で三権分立を復習し、いよいよ国会議事堂へ向かいます!

国会議事堂の見学

見えてきました、国会議事堂。

こちら側が議事堂の正面です。

衆議院の見学は正面玄関からということで、たくさんの見学者が入ったり出たりしています。

 

・・・しかし。

私たちは参議院の見学。

警備の方に、「参議院の見学は裏門からです」と教えていただきました。

 

裏門・・・。

え、裏門?

まさかの反対側。

国会議事堂の広い広い敷地をぐるーっと回って、裏門を探すことに。

ひたすら歩きます。

お腹空くよね。ごめんね。

来るときに使った最寄駅の近くが裏門だったと言うちょっと悲しい結果になりましたが、とにかく国会議事堂の入り口にたどり着くことができました。

こちら、参議院見学者用の入り口で入館のチェックを待つYICS御一行様。

さあ、中に入ってみると・・・

議員席に座ることができました!(もちろんイミテーション。)

左の二人は本物の議員さんみたいですね・・・。

このスペースは参議院に入る前の資料展示室で、実物大の椅子のほか、国会の模型や議員バッジなどが展示されていました。

「静粛に!」のハンマー。

なんとLEGOブロックでできた国会議事堂の模型も。

国会議事堂の中は撮影禁止なので、ここから先の写真はありません。

本会議場の様子はこちらの展示パネルでご覧ください。

最後に外で記念撮影。

国会議事堂の正面玄関です。

ぐるーっと回って、また元の場所に戻ってきましたね^^

国立国会図書館の見学

ランチを食べて、午後からは国立国会図書館へ。

日本で出版された本は、必ず1冊は国立国会図書館に収めなければいけないと法律で定められています。

雑誌も、新聞も、漫画も、全てです。

なので所蔵数は日本最大。

研究用に海外の出版物も所蔵しています。

 

また、国立国会図書館には国会への情報提供と言う重要な役割があって、議員さんの依頼に従って資料を取りまとめたり、審議に先立ち有用そうな情報を前もって提供したりもするそうです。

国立国会図書館の全景。

図書館の地下です。何やら生徒たちの足元が青い・・・。

書庫に入るときは、外部から土、水、虫の卵などを持ち込まないために、靴カバーをすることになっていました。

 

今回見学させてもらったのは、新館の書庫。

地上4階、地下8階と、地下に長い作りになっています。

上の写真は、最下層の地下8階から、地上に続く非常階段を見上げたところです。

幾何学的な模様が美しかった。

書庫で司書さんから説明を受ける生徒たち。

明治時代の新聞とか、週刊少年ジャンプの創刊号とか、驚きの資料がたくさんありました。

書庫の廊下。ひたすら棚が続きます。

新館の書庫の収蔵可能冊数は750万冊。

まだまだ空いている棚がたくさんありました。

 

本館と合わせると、東京だけで1200万冊の本が収蔵できるそうです。

(ちなみに国立国会図書館は開架していないので、全ての本が書庫にあります。)

東京(本館・新館)以外では、関西館に600万冊、国際子ども図書館に100万冊ほど収蔵できるということですから、すごい数ですね。

終わりに

以上、1月に行った社会見学の報告でした。

政治の中心である国会議事堂と、そのブレーンとも言える調査機関の国立国会図書館。

今回この2つの施設を見学して、私たちが住む日本の政治についてより詳しく知ることができました。

 

写真では紹介できませんでしたが、国会議事堂の中に入って重厚な建築物や実際の議場の空気を味わえたこと、ひんやりとした地下の書庫で100年以上も前の本を開きながら説明を受けたことなど、どれも得難い貴重な体験でした。

教科書では学べないことが本当に多くありますね。

企画・引率してくださった社会科の先生、ありがとうございました。

 

この投稿をシェアする: