この投稿をシェアする:

昨年11月22日に行われた【学習発表会】の様子です(投稿が遅くてすみません^^;)。

2017年度までは11月の「学術祭」と2月の「スピーチコンテスト」が別々の行事になっていたのですが、大学入試・高校入試のスケジュールの関係で、今年度は2月のスピーチコンテストを11月の学術祭に合流させ、名前を微妙に変更することにしました。

スピーチコンテスト&研究発表

スピーチコンテストでは、英語、中国語、日本語の各言語で著名人の演説や自分の意見・主張などが述べられました。

タイトルだけご紹介しますね。

  • 漢詩 『桃夭(とうよう)』、旧約聖書『箴言』24章1-16節(中国語)
  • Running with God(英語)
  • 旧約聖書『詩編』30編(中国語)
  • Believe in yourself(英語)
  • 身近な税金(日本語)
  • What is Life? (Speech by Coca Cola’s former CEO Brian G. Dyson at Georgia Tech Institute, 1996)(英語)

 

続いて研究発表。

そんなに堅苦しいものではなく、プレゼンテーションやステージ企画などです。

タイトルは以下の通り。

  • スクラッチアニメーション制作(コンピュータ科)
  • 中国語の歌 『友達』(中国語科)
  • エアピンカー(オリジナルの新スポーツ紹介)(体育科)
  • 卓球一発芸(体育科)
  • リフティングにチャレンジ!(体育科)
  • キリスト教に影響されるヨーロッパの文化(社会科・地理)
  • なぜピザはイタリアの名物になったのか(社会科・地理)
  • トランペット演奏『希望』(オリジナル曲)、『Amazing Grace』(音楽科)
  • 国際女性デー(社会科・政治経済)
  • 国際アルビニズム啓発デー(社会科・政治経済)
  • 国際ホロコースト記念日(社会科・政治経済)

 

写真がないので、ダイジェスト版の動画をご紹介します。

 

そして、今年度は生徒だけでなく先生方も発表しました。

先生方の発表タイトルはこちら↓

  • 新約聖書『コリントの信徒への手紙一』13章(日本語スピーチ)
  • 新約聖書『ガラテヤの信徒への手紙』2章20節(韓国語スピーチ)
  • Steve Jobs’ 2005 Stanford Speech(英語スピーチ)
  • 聖書66巻のタイトル(韓国語スピーチ)
  • 旧約聖書『詩編』42編(日本語スピーチ)
  • フルート演奏『鹿のように』
  • 動画制作『クリスチャンインタビュー』
  • 中高生の半分以上は教科書の意味がわからない〜AIに負けない人になるには
  • 日本庭園を知ろう!

 

授賞式を終えて、最後は記念撮影!

展示(社会科・美術科・中国語科・クラブ活動)

社会科(地理分野)の学習レポート、美術科の版画・立体造形・創作絵本・ファッションデザイン・抽象画(音楽のイメージを絵にした作品)、中国語科の水墨画などを展示しました。

 

作品の一部を写真でご紹介します。

全体はこんな感じ。

 

社会科・地理分野の学習レポートは、「東アジアの地誌的考察」「資源と産業」「中東戦争」の3つのテーマで展示しました。

 

美術科の版画作品。

 

美術科の立体造形。

食品(あるいはイメージ)を紙粘土で作りました。

 

こちらは美術科の創作絵本。

地域の児童センターに行って読み聞かせもしました。

 

美術科のファッションデザイン。

上手いです。

 

美術科の絵画作品。

こちらの作品は、「音楽を聴きながら音楽のイメージを絵にする」というちょっと変わった手法で制作されました。

講師は美術家の井上達夫先生。

井上先生のホームページはこちら→ http://www.hisworkshare.org/tatsuoart/

 

制作過程そのものがとても貴重な体験でした。

 

こちらは中国語科の水墨画です。

講師は満州族書道家の溝口赫舎里暁文(ミゾグチ カシャリ ギョウブン)先生。

とても高名な先生で、国立新美術館のアジア創造美術展の審査員を毎年担当されているそうです。

 

クラブ活動の展示もしました。

こちらはマラソンクラブ。

シティマラソンへの参加を目指して毎週練習に励んでいます。

 

こちらはハンドメイドクラブのアクセサリー販売コーナー。

収益金は、国際ボランティア団体を通じてベトナムの子供たちへ寄付されました。

 

ベトナムは本校が毎年ボランティアに行っている馴染み深い国です。

生徒自らが「ベトナムへ寄付したい」と言って、アクセサリー販売の活動が始まりました。

寄付したお金は、貧しい家庭に生まれた子供たちが学校に通えるよう、中学校への入学・通学をサポートするお金として利用されています。

旧古河庭園の見学

午後は日本庭園の見学ということで、旧古河庭園に出かけました。

旧古河庭園は、もともと古河虎之助男爵の邸宅だった洋館・西洋庭園・日本庭園を、公園として一般公開しているものです(現在は国有財産)。

綺麗なバラと洋館が有名。

 

こちらは日本庭園の様子。

綺麗ですね〜。

写真左手に見える縄は、「松の雪吊り(ゆきづり)」と言われるものです。

雪の重みで枝が折れないように、縄で枝をサポートしています。

 

紅葉がきれい。

 

黙々とコイに餌をあげる先生と生徒・・・。

 

西日がきれいです。

 

夕方まで庭園を見学し、無事に学習発表会の全日程が終了しました。

発表した生徒の皆さん、準備してくださった先生方、お疲れ様でした!

 

この投稿をシェアする: